Home > EQUIPMENT

EQUIPMENT

サウンドシステムの設計において徹底してこだわったのは、あらゆるジャンルで上質でキレのある中低域を届けられる環境にする事でした。それは聴く音ではなく、体で感じる音を届けたかったからです。

数あるスピーカーから、いくつもの試聴を重ねた中でMeyerのスピーカーを選ぶに至ったのはそれほど難しい決断ではありませんでした。ライブステージにおいて、アーティストが弾き出した本物の音本当の魅力をダイレクトに届けるために、もっとも適したサウンドだと思ったからです。


そして忘れてはいけないのが、ステージ上のアーティストにとって最良のモニター環境を提供すること。音の飽和するライブハウスの過酷なステージ環境でも、求めたソースを的確に提供できるステージモニターとしてMartinAudioのLE1200を採用しました。


何より、潤滑なオペレートはもちろん、時代に沿った最先端のサウンドを提供する事はライブハウスとしての責任です。メインコンソールにDiGiCo SD8を選定したのは、メジャーアーティストなどの大規模PAをオペレートをするエンジニヤの要望にもできる限り応えられる環境を、この下北沢レッグという場所に必要性を感じたからでした。

ライブハウスを超えた、次世代のライブサウンドを体感してください。


※機材によってはレンタル費が必要となりますので詳しくはお問い合わせください

【乗り込みPAオペレーターの方へ】

必ず回線表をお送り下さい。
ステージ上(MaDi Rack)のinputは最大47ch,outputは15chです。
モニターSP、モニターアンプの数等は機材リストにてご確認お願いします。
DiGiCo SD8のデータをお送り頂ける方は、こちらでリパッチ致します。
その際のHAの数値の変更はご了承下さい。
下記リンクからデフォルトデータをダウンロードして頂き作成して頂くか、お持ちのデータをお送り頂いても構いません。
live@reg-r2.comまでお送り下さい。
不具合発生防止のためソフトウェアのバージョンとサンプリングレートは必ずご確認下さい。

下北沢レッグDiGiCo SD8 デフォルトデータ

2017年1月現在-version 8.0.821/sample rate 48kHz

機材情報

現在修理中

無し

Home > EQUIPMENT

Search

Return to Top